2015年12月11日

侍たるもの

※にこの募集ですが、沢山のご応募をいただきありがとうございました!

一旦募集を停止し、ただいま順次お返事しています。

しばらくお待ちくださいませ。



にこまこちゃん、ぺっとのおうちにて姉妹揃って仲良く募集を開始しました!

にこ   http://www.pet-home.jp/cats/chiba/pn94537/まこ   http://www.pet-home.jp/cats/chiba/pn94541/


かわゆいにこまこ姉妹の応援よろしくお願いします♪




お久しぶりのびっちゃまです。


赤ちゃん大好き、びっちゃんママ。

088.jpg

新入り仔猫が来ると、真っ先に飛んできてせっせとお世話をはじめます。

029.jpg


イタリアンズが我が家にやってきた時、お風呂場のドアを閉めてシャンプーをしてたら、ギャーギャー大鳴き。

その声を聞きつけたびっちゃんは、リビングからすっ飛んできて、赤ちゃんの一大事とばかり、ドアを開けろと悲鳴のように鳴き続けました。

その後ドライヤーをかけると、またまた仔猫大鳴き。

するとびっちゃん、なんと果敢にもドライヤーに猫パンチを炸裂。

身体を張って仔猫を守ろうとする その勇気と母性にとても感動したものです。


びっちゃんは、仔猫達の頼もしいママなのです。

084.jpg

時には厳しく指導もするけど、いつも優しいびすこママは仔猫達に大人気です。


赤ちゃんを鳴かせたら許さないのらよ!

053.jpg



びっちゃん、寝てます。

001.jpg


あ、起きた。

002.jpg


また寝ちゃった・・・眠い(睡眠)

003.jpg


同じやないかーーい!


侍たるもの、敵に眠りを悟られてはならぬのじゃ。

寝首を掻かれるといかんからのう。




びっちゃん、譲渡会に参加予定です!


近寄るとびっちゃんの鼻水ミサイルが飛んでくるかもよ〜。

びっちゃんを間近で見たい方は、雨ガッパ持参でご来場くださいませ。


人間大好き! 仔猫も大好き!

甘えん坊の侍ママ びっちゃん 里親さん募集中なんですよ・・・ずっと(笑


019.jpg



ニックネーム まるふく at 12:50| Comment(0) | びすこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月12日

いよいよ

猫の譲渡会〜tette テッテ〜

本日 12時〜15時 開催です!

初めての試みで、不手際もあるかと思いますが、保護主、保護猫一同 皆様のご来場を心待ちにしております。


黒ハート「びっちゃんも待ってるのら。」

カメ「夕はお昼寝してるでし!」  コラコラ。


027.jpg


一匹でもご縁が繋がりますように。。


もう雨女と言わせないわよ。ウフ♪
ニックネーム まるふく at 02:39| Comment(0) | びすこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月20日

飼い猫

我が家には、頻繁にゲロリストが出没します。

そいつは、TPOなどまるっと無視で「ケコッケコッ」と爆弾を投下してきます。

物置に積まれた水のダンボールの上から、フローリングを避けて絨毯へ、時にはベットの上に、時にはテーブルの上に(泣、突然攻撃を仕掛けてくるのです。

しかしさらに恐ろしいのは、シッコニストとウンコリストの存在です。

まあ、だいたい犯人の目星はついているのですが。

こちらの攻撃は、メンタルダメージが半端ない。

昨日は珍しく、本当〜〜に珍しくゲロリストによる被害がなかったので、これは有難いとほくそ笑んでいたら、出がけにシッコ爆弾を発見orz

犯人は・・・




やっぱり(怒


小鳥「フフフ・・・我ながらホレボレするような見事なシッコだったにゃりね・・・。」 満足気。


2835.jpg


忘れた頃に、はっちゃんのシッコ爆弾はやってくる。

私はこれを、「男気シッコ」と命名した。

尻を高々と上げてシッコする、いわゆる立ちションである。

酷い時には、トイレに入るなりそのままの姿勢でジャー!とするのだ。


小鳥「あのシッコには、はちの男気がた〜〜っぷり詰まってるにゃりよ!」  クスクス♪


2833.jpg


やだ〜はっちゃんってマーキングするのね!と思われた方もいるでしょう。

ご安心ください。

確かにマーキングの一種かもしれませんが、はっちゃんの男気シッコはいつもトイレの同じ場所なのです。

家具や、カーテンにかけたことはありません。

トイレの端でするので、外に漏れてしまうわけです。

なので、壁からトイレの下にかけてペットシーツを仕込んであります。

まあ、キャッチミスが多いのですが(泣


小鳥「あれを嗅げば、小夏ちゃんも、サラちゃんも、はちにイチコロにゃり!」 ムフフ♪


2834.jpg


はっちゃん・・・・男気は別の場で見せておくれ。

女は尻グセの悪い男には惚れないよ。

やっぱりフード付きのトイレで、一発解決だな顔(汗)



さて、新人つむぎがやって来たわけですが。


2593.jpg


初日から驚くべき食いつきを見せたのが、この仔。


黒ハート「新しい猫ちゃんなのら。」


2600.jpg


つむぎちゃんだよ。びっちゃん、仲良くしてね。


黒ハート「つむちゃんは、びっちゃんがお世話するのら!」


2601.jpg


実はびっちゃん、新入りが大好き。

亡くなった華丸が来た時も、キャリーにかぶりつきで、ミルクをあげる際に外に出すと「見せろ見せろ!」と私にまとわりついて大騒ぎ。

妊娠も子育ても経験がないのに、仔猫にこれほど執着するのが驚きでした。


つむぎは約1歳で、びすことほぼ同じ年齢ですが、これまたものすごい執着ぶりでした。



来る日も・・・・


黒ハート「つむちゃんは、ガリチビのらね。」 びっちゃんもね。


2643.jpg



来る日も・・・



黒ハート「つむちゃん、まだ出しちゃダメのらか?」

2642.jpg


気づけば玄関に置いたケージに張り付いて、中を覗いていた。


黒ハート「つむちゃん。分からないことは、何でもびっちゃんに聞くのらよ!」

ウサギ「うん。」


2644.jpg



ウサギ「・・・ここは、どこ?」

2645.jpg


黒ハート「プッ。ここは、動物園のらよ!

つむちゃんは、世間を知らないのらね♪」   違う違う。


2646.jpg


お母さん気取りなのか?

お姉さん気取りなのか?

はたまた先輩気取りなのか? びすこ鳥は、寝ても覚めてもつむぎに付きっきり。


2711.jpg


ウサギ「この仔、大丈夫かなあ・・・?」


2710.jpg



保護10日程で、リビングの二段ケージにお引越し。


2713.jpg


そしていよいよフリー。


2919.jpg



ケージを出たつむぎの後を、ぴたりとストーカーするびすこ。


黒ハート「つむちゃん、いたずらしちゃダメのらよ!」


ウサギ「しないよ〜。(まだね。)」


2922.jpg


びっちゃんもだよ!


黒ハート「びっちゃんは、オトナだからいいのら!」 キッ!

ウサギ「(・・・同い年じゃん。)」


2924.jpg



オトナだからダメなのよ!



やれやれ、ようやくケージ掃除から解放されて楽になると思った矢先・・・



びっちゃんが体調を崩しました(涙

2791.jpg


何だか元気がないので、病院へ行くと熱がありました。

点滴やら抗生剤やらで一時は良くなりましたが、数日もすると、目はぐちゃぐちゃ鼻はズルズル。

特に鼻は、ドロッとした鼻水が詰まり、苦しそうに口で息をするので、夜もよく眠れないような状態でした。点鼻薬も、鼻に入っていきません。

次第に食欲も落ちて、最後は指でa/d缶を強制給餌するほどに。

結局再び病院送り(涙

なんだかんだともう6月という頃まで良くなったり悪くなったりを繰り返したのでした。

病院の先生によると、びすこのように免疫力の低い仔は、新入りの仔が外から持ち込む菌に感染しやすいそうです。

たとえ新入り猫に問題が見られなくても、猫同士の接触には充分気を付けなければいけないとのことでした。


黒ハート「びっちゃんは、来るもの拒まずなのら。」

2832.jpg

ちょっと食いつき過ぎちゃったね。

ごめんね、おばちゃんがもっと注意するべきでした。反省。


今もちょっと調子が良くなったと思うと、ドローンと鼻を垂らしていたりと、三歩進んで二歩下がるような状態です。

びすこのような仔は、1匹で健康管理を出来る環境が望ましいのかもしれません。

我が家のような多頭の中では、他の仔の影響を受けやすい上に、充分に手を掛けてあげられません。

幸いびすこは「猫よりも人間」な甘えん坊なので、単独でも人間がいれば寂しがることはないと思います。


黒ハート「ひとりっこは、あこがれのらよ。」

086.jpg



その割には、新入りにこだわったのは何故なんでしょう・・・?


黒ハート「だってつむちゃんは、びっちゃんの大事な・・・」

ウサギ「大事な?」


080.jpg


黒ハート「飼い猫なのら〜るんるん」  びっちゃん、里親さんになったのら。

ウサギ「え? あたしの里親さんって猫なの?!」

083.jpg


思考回路が人間に近づいてしまった、びっちゃんなのでした〜。 チャンチャン。 



びっちゃんは、私のストーカーでもあるのよ〜うふ。(自慢

ニックネーム まるふく at 00:58| Comment(2) | びすこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする