2013年12月31日

相棒

年の瀬間近になって、怒涛の更新を続けております猫ブログでございます。

わずか数日でこれだけ更新出来るんなら、日頃からもっとやれよ!と思うでしょうが、それが出来ないのがこのワタシ。。

だって愚か者だもの。


今日はとうとう大晦日です。

今年はサボリにサボった年でした。

なんでこんなに怠けたんだろうと、ふと考えたんですが、去年は旦那が出張でほとんど居なかったんですね。

で、今年は再び二人暮らしが再開されて、まあ、しんどいしんどい。

亭主元気で留守がいい。まさに名言ですな。



さてこれが今年最後の更新になるでしょう。

トリを務めますのは、この仔です!


カメ「やいやい、このキジトラが目に入らぬかーっ!」

012.jpg


遠山の金さん風に登場したのは、あのイケメンタマタマ兄弟のぶんたくんです!

トライアルに出たのはいつの日か〜♪


4月にトライアルに出発したぶんたくん。

あの頃まるこが絶不調だったので、里親さんがお気遣い下さり、我が家まで迎えに来てくれました。

本来ならお届けは絶対なのですが、何故私がそれを破ったのか?

だって、トライアル先はここだったんだもーん。

かわいい「皆さん、お久しぶりです。今日はひーちゃんが、準主役だよ!」

001.jpg


そう、あの聖ちゃんのお宅なのです!


ひーちゃんのお家なら、安心お任せパックでしょ♪

「じゃーねー、バイバーイ!」とぶんたくんを見送ったのです。

とはいえ、すでに一人っ子生活が2年以上経過したひーちゃん。

猫同士の相性ばかりはわかりません。とにかく慎重にトライアル生活を開始です。


まずはケージから初めていただきましたが、ビビっていたのはほんのわずか。

あっという間に慣れ、出せ出せコール。

パパママ大変だったでしょうね・・・(汗

ぶんちゃんは、ちょっとビビリな所があるけれど、基本人懐こくて、とっても素直。

身体は大人の入口だけど、中身はまだまだお子ちゃまです。


カメ「ボクは、もう子供じゃないよ!」

008.jpg


ケージを出れば、もちろんひーちゃんへ突撃。

KYぶんちゃん、ひーちゃんの近づかないでオーラなんて当然気づきません(笑

初めの頃は、レディーのおトイレを付け回し、ひーちゃんのトイレを妨害してたらしい。。。(汗


カメ「だってボク、ひじり姉ちゃんの傍にいたいんだもん。。」

010.jpg


さすがのひじりんこ姫も腹を立てたらしく、唸りながら猫パンチで応戦。

上手に距離を計れないぶんちゃんに、里親さんもちょっぴり不安。

それでも違う個性を受け入れるのだから、と気長に見守って下さいました。


当のぶんちゃんは、どこ吹く風〜。

もう何年も前からここにいますよ〜な感じ(笑


IMG_3956.jpg


カメ「このドアを通る人は、ボクにおやつを収めてくださいね〜。」 関所?

IMG_3952.jpg


ひーちゃんは癒し系、ぶんちゃんはお笑い系。

やっぱりね、な地位も確立されました(笑


「寿司寝た」  ママさんナイスショット!

IMG_3948.jpg


「猫の開き」

IMG_3762.jpg



子猫時代からお外で揉まれてきたぶんちゃん、ハートも頑丈です。

ちょっとくらいひーちゃんに喝を入れられたくらいじゃめげません。

ひーちゃんも、元々は我が家で多頭を経験しているし、穏やかな性格のいい子です。

時間さえ掛ければ、きっと大丈夫だと里親さんも私も思っていました。


そして約1ヶ月半のトライアルで、少しずつ少しずつ、ふたりの距離は縮まりました。


カメ「ひー姉ちゃん、残すときは言ってね黒ハート」 パクパク。

かわいい「早く食べないと盗られちゃう〜あせあせ(飛び散る汗)

006.jpg


カメ「ひー姉ちゃん、いい天気で眠くなるね・・・」

かわいい「(・・・あんた、いつもじゃない?)」


007.jpg


そっくり姉弟。

私も間違えました(汗

005.jpg


お尻愛。

ここまで出来れば、もう合格点!

IMG_3516.jpg


そして6月11日、ぶんちゃんは正式に聖ちゃんの弟として、里親さんの家族に迎えられました!

名前は「尊(たける)」君になりました顔(笑)

「聖」と「尊」・・・うーん、かっこいい・・・私には思いつかない発想・・。

「尊」というのは、ドラマの相棒で及川光博さんの役名だったそう。

っていうことは、ひーちゃんは右京さん(笑

橋下組の組長さんは、なんと刑事に華麗なる転身!


大変です!

近頃このお宅で、ご飯の盗み食いが発生しているとの通報がありました!

カメ「何っ!」

かわいい「この事件、何か匂うわね・・・。」


IMG_4031.jpg



カメ「聖警部、犯人は、この窓から侵入した可能性がありますね!」

かわいい「そうね・・でも物音ひとつ聞こえなかったわ。」


IMG_3976.jpg


カメ「そして犯人は、あの屋根に登って逃走した・・・。」

かわいい「普通に逃げたほうが早いわね。」


IMG_3987.jpg


カメ「聖さん! 犯人は、あの外猫でしょうか?」

かわいい「だとしたら、大胆不敵な犯行ね・・・。」

IMG_3995.jpg


警部! ただいま入った目撃証言によると、犯人は茶色っぽいキジトラ、胸から前足にかけて白い毛皮。
前髪は真ん中分け、キリッとした目、細長い尻尾だそうです。

カメ「なるほど、だいぶ犯人像が絞られてきましたね。」

かわいい「それって、どっかで・・・。」

IMG_3774.jpg


カメ「白昼堂々と犯行に及ぶなんて、しかも刑事が2匹もいる家だというのに・・・。

キジ白・・真ん中分け・・・キリっとした瞳か・・・ウーン。」


かわいい「・・・ねえ、それって、たけのことじゃないの?」  アタシのご飯、食べたでしょ!


IMG_4069.jpg



私の都合で、保護が遅れてしまったイケメンタマタマ兄弟。


1211resized (21).jpg



私の顔を見れば逃げ回って、なかなか捕まらなかった。

1210resized (311).jpg


ところが家に入るなりご飯もそっちのけで、スリスリゴロゴロ。


1210resized (330).jpg


ちょっとビビリだけど、素直で甘えん坊のたけちゃんは、我が家の大人猫にも人気者。

誰とでも仲良く合わせられる、しなやかな柔軟性があったたけちゃん。

目を引く華やかさはなくても、周りの心を捉える名脇役タイプだった。


1303resized (63).jpg


女子にも揉みくちゃにされても、動じない心の広さ。

1211resized (289).jpg


「自称」橋下組組長さんは、真っ先に新入りたちの面倒を看る優しい仔でもありました。

ブリちゃんと。

1301resized (31).jpg

サラちゃんも。

1303resized (275).jpg


それは橋の下に暮らす大人猫たちに可愛がられ、育てられたたけちゃんだから出来ること。

厳しい外暮らしの中、子猫だったたけちゃん達を、周囲の大人猫たちは代わる代わる守るように育てていた。

たけちゃんも小さいもの、後から来たものを守ることが、自然と身についたのかもしれない。


1303resized (83).jpg


正式譲渡ほどなくして、里親さんは3匹目を迎えられた。

毬ママさんが保護していた「倭(ヤマト)くん」という男の仔。

たけちゃんは、きっといいお兄ちゃんになるって思った。

里親さんは、たけちゃんを改めて見直したって(笑


※写真お借りしました。
20131121110154ed8.jpg


どっしりしたひー姉ちゃんと、やんちゃなヤマト君に挟まれて、何だか縮こまって見えるたけちゃんが、しっくりしていてちょっぴり笑える。


20131121110151484.jpg


でもね、私は君の頼りない男らしさが誇らしいよ。

おめでとう、たけちゃん。

君にぴったりの居場所が見つかったね。


011.jpg


ご報告が遅くなり、気に掛けて下さった皆様、申し訳ありませんでした。

里親さんより、医療費プラスで、ご寄付もいただいております。

猫へのお土産と
1305resized (57).jpg

人間への差し入れまで!
1305resized (56).jpg


ひじりママ、パパ、どうもありがとうございました!

1匹から2匹は大変だけど、2匹から3匹のハードルは意外と低いものなのよね(笑


ひーちゃん、たけちゃん、マー君、幸せにね〜♪



今年の更新は、ここまで!

皆様、今年一年大変お世話になりました。

サボりまくったブログでしたが、暖かく見守って下さりありがとうございました。


まるこのこと、ふくのこと、亡くなった華丸のこと、皆様には多くのご心配をお掛けし、またたくさんの励ましにも支えられました。


今年はわずかながらの卒業生でしたが、どの仔にもステキな家族が見つかり、そして
私は素晴らしい里親さんとの出会いをいただきました。

微々たる力の私がこうして活動を続けられるのは、先輩方、仲間、パソコンの向こう側の皆さんのお陰です。

本当にありがとうございました!


来年もどうぞよろしくお願いいたします。

頑張ります!・・たぶん(笑


来年も、素晴らしい一年でありますように。


ニックネーム まるふく at 07:08| Comment(0) | ぶんた・玉三郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月13日

魔性

またもやブログを放置してしまいました・・・。

ツイッターと連動しているお陰で、あちらは更新されてるんですが、何だか手抜き感たっぷりな感じです(汗



ツイッターには載せましたが、12月1日預かった仔猫が死んでしまいました。

「華丸」と名付けたその仔は、たった90gの身体で一生懸命に頑張りました。


024.jpg


すでに自力でミルクを飲むことが出来ず、2〜3時間置きに、カテーテルという細い管を口から入れて直接胃にミルクを流し込み、命を繋いでました。

もう口をパクパクするだけで、鳴き声を上げることも出来ない状態でしたが、カテーテルを入れると苦しさから「ギャー!」と声を出すのです。

うちに来たのが金曜日で、土曜日には少し元気になったようにも見えました。

でも日曜日の朝方には、再び動きも鈍くなり明らかに弱っていました。

助けるつもりが、小さな華丸に辛いことばかりしたような気がします。


023.jpg


生かすというエゴ、看取るという諦め、どちらが正しい選択だったのでしょう。

その答えは華ちゃんだけが知っていて、誰にも教えることなく空へ上ってしまいました。


032.jpg



華ちゃんのお骨は、保護主さんと私とで分けました。

保護主さんの方のお骨は、先にお星様になった妹と一緒に埋葬してくれるそうです。

華丸は、我が家の四男になりました。


週末だけと、兄妹合わせて3匹預かる予定でしたが、ちょうど遊びに来てくれたS1号さんが華丸の状態を見かねて2匹の兄妹を引き受けてくれました。

S1号さんもたくさんの保護猫を抱えて忙しい中、夜通し乳飲み子のお世話で大変だったことと思います。

愚痴一つこぼさずに快くお世話してくださり、とても助かりました。

私はいつも愚痴と泣き言ばっかりで、本当にハズカシイ・・・。

S1号さん、どうもありがとうございました!

ツイッターで応援してくださった皆さんにも、改めて御礼申し上げます。

どうもありがとうございました。




さてと。

唐突ですが、皆さん「魔性の女」って言葉は、ご存知ですよね?

「魔性の女」どこか影があってミステリアス、何故だか気になって見ているうちに心を囚われ、気付いたら振り回され、惑わされ・・・そんな小悪魔のような女性。

騙されていると分かっても嫌いになれない、不思議な魅力。


でも「魔性」って女性だけじゃなかったんですね・・・。

なんと私は「魔性の男」に出会ってしまったのです!


「玉三郎」という魔性の男に!!


1211resized (203).jpg


皆様、覚えていらっしゃいますか?

いいえ、忘れやしませんよね。私が一年も放置してしまったこの仔たちの卒業記事の成り行きを・・・(滝汗


「イケメン珠玉兄弟」

1211resized (21).jpg



保護当初わずか生後5ヶ月程度にして、玉三郎という名に相応しい妖艶な魅力を放った異色の保護猫。


キリリと整った中世的な美しいマスク。


1211resized (253).jpg


なぜか哀愁漂う横顔。


1211resized (255).jpg


時に知性溢れる優等生のようであり・・・


1211resized (241).jpg


時に奔放に甘える大胆さを持つ・・・


1211resized (83).jpg


私の心を手玉に取った「魔性の男」玉三郎。


1211resized (249).jpg


橋の下から我が家に引っ越して、わずか2日のことでした。


1210resized (332).jpg


この男、只者じゃない・・・そう思った私の推理は正しかった。

なんと保護2週間にして、里親さんのハートをがっちり掴み、たった1ヶ月の滞在で軽やかに我が家を巣立って行った。。

兄弟のぶんちゃんを残し、はち、ロッテ、かのこの駅前留学チームをすっとばし、低迷中の我が家の営業成績を、いきなり上昇させた玉三郎。


1211resized (274).jpg


里親さんは、これまた美しいお一人暮らしのお姉さん。

ご実家では、ずっとワンちゃんと暮らしてたそうですが、猫飼いは初めてとの事。

不安を抱えつつも、玉ちゃんの為にご自宅に猫部屋を作り、真新しい猫グッズをたくさん揃えて、玉ちゃんとの暮らしを楽しみに待っていてくれました。



里親さんの叔父様のお店のシュトーレン。お届けの日に頂きました!ちょうど一年前ですね・・・(遠い目)

1211resized (300).jpg


早速「てんちゃん」という可愛い名前をつけてもらい、一人と一匹の生活が始まりました。てんちゃんは、大好きなお姉さんにべったり甘える毎日。

トイレやお風呂の時だってドアの前でじっと待ち、お姉さんが動けば後を追いかけるストーカーぶり。

お姉さんが仕事の時は、近くに住んでいらっしゃるご両親がお留守番のてんちゃんの様子を見に来てくれることもあったそうです。

お母様がご友人を連れて見に来た時は、てんちゃんの人懐こさにメロメロになったご友人の奥様が「もし飼えなくなったら、私が飼うから心配しないで!」とおっしゃったとか。

実にパーフェクトなトライアルぶりで、見事・・いや計算どおり?正式譲渡を勝ち取ったてんちゃん。


正式譲渡の日。


魚「あ〜、おばちゃんだ〜。久しぶり〜。何しに来たの〜?」


1302resized (8).jpg


今日はてんちゃんに会いに来たの。


魚「ヤダヤダ! ボクは、もう帰らないよ!」


1302resized (10).jpg


違うよ、今日は正式譲渡に来たんだよ。


魚「なあんだ、びっくりした〜。ボク、もう絶対にママから離れないんだから!」  スリスリ。


1302resized (13).jpg


てんちゃん、素敵なママが出来てよかったねぇ〜。

魚「ボクに似て、美人のママでしょう〜♪」  うんうん、自慢のママだね。


1302resized (12).jpg



それにしても人見知りを全くしない、てんちゃん。

大概の保護っ仔は、ほんの数週間離れただけで、なまはげを見るような目で私から逃げていくのですが、さすが接客部長てんちゃん!

なんと久しぶりに会う旦那にも物怖じせず、お膝にオン!

もちろん私達を覚えていたわけではなく、構ってくれるなら誰でもいいっていう・・・(泣


魚「このおじさん、どっかで会ったことあるかも〜?」


1302resized (16).jpg


お腹だってモフらせちゃうんだから!(驚


魚「えーっと・・誰だっけなあ・・・?」


1302resized (19).jpg


さあさあ、では譲渡の書類を交わしましょう。

するとピョコンと里親さんの椅子にスタンバイする てんちゃん。


魚「だって、主役はボクでしょう?」


1302resized (20).jpg


里親さんが椅子に座ると、すぐに膝に乗るてんちゃん。

譲渡契約書を真剣な眼差しで見つめます。


魚「ママ、てんちゃん、って間違えないで書いてね。」


1302resized (26).jpg


魚「これでボク、ママの仔になったんだね♪」 


1302resized (27).jpg


そして恒例のツーショットぴかぴか(新しい)

てんちゃん、抱っこはイマイチ苦手?!  動かないで〜。


1302resized (30).jpg


こうして、てんちゃんは素敵な里親さんに迎えられ、自分だけのあったかいお膝を手に入れたのでした〜。

めでたしめでたし。



・・・・・・・・・・・。




・・・・・・。





と、なるはずが・・・



ここからが、てんちゃんの真の魔性のはじまりだった・・・(汗

里親さんより頂いた写真を挟みます。


譲渡後のてんちゃんは、お布団におしっこをしたり、いたずらが激しくなり、夜鳴きが酷くなったそうです。

経験のある方ならばお分かりでしょうが、猫のおしっこ被害というのは、本当に心が折れるし疲弊します。

猫砂を変えたり、トイレを増やしたり、又は何らかの抗議・ストレスの原因を取り除くことでピタリと治まることもありますが、往々にして数日置きに「ああっ・・!!」ってことの方が多いのです。



ママのお膝はボクのもの
001.jpg


里親さんも色々と対策を練ったようでしたが、てんちゃんのおしっこ被害は止まりませんでした。

里親さんから届いたメールを読んで、疲れている様子が伝わり、てんちゃんをまた連れ戻した方がいいのではないかと思い、そうお伝えしました。

てんちゃんは、稀に見る甘えん坊ですので、お留守番の寂しさからくる問題行動かもしれません。

私の思いつく限りのアドバイスをしたところ、里親さんから、全て試した上でどうしてもダメだったら、またその時に相談させてくださいとお返事をいただきました。



困ったちゃん? それ、誰のこと?
120.jpg



里親さんはまだお若い方ですし、初めての猫との暮らし、お一人で苦しい思いをなさったことと思います。

お留守があることは、譲渡前からわかっていたことですので、その点については、私に責任があります。



短い間とはいえ、ずっと気になってやっと保護した大事な仔。

愛されて幸せになって欲しい。

アンケートを見た時に、この人なら大丈夫!そう確信できた誠実な里親さん。

心から猫との暮らしを楽しんで欲しい。


本猫は能天気〜♪
121.jpg


いつも心の何処かに、てんちゃんと里親さんのことが引っかかっていました。

そうこうして先日、里親さんより頂いたメールでは、どうやら相変わらずおしっこも、いたずらも、夜鳴きも治っていないようですが(汗、里親さん自身がだいぶ慣れてきましたとの事でした。

そして


「いろいろ困った事は多いですが、やっぱりかわいいです。うちの子が一番と思ってます・笑」

とありました。


ママ、ここにいて〜。
119.jpg



「ああしたらいいのに、こうしたらいいのに。」


トライアルや譲渡した仔を思って、時折心配してしまうことがあります。

だけどそれぞれの生活スタイルや、環境が違う中で、里親さんも手探りで保護猫と向き合ってくれているのだと思います。

明らかに危険なことや、おかしいと思えること以外は、保護主といえども口を挟むべきではないと私は考えています。

私のやり方を押し付けたところで、それが里親さんの環境と合っているとは限りません。

もちろん相談されれば、一緒になって考えますし、どちらか一方でも不幸になるのならば、譲渡後であっても戻していただくつもりです。

余計なお節介はゴクリと飲み込んで、ひとりでモヤモヤするのも保護主の仕事です(笑


「反省してまーす。」
122.jpg




私もまること暮らし始めた時、何もかもが手探りでした。

ゴミ箱を漁って叱ったこと。つい手を出してしまった苦い思い出。

熱を出してぐったりした姿に、死んでしまうと泣いたこと。

玄関から逃がしてしまったこともあります。

長い間、まるこ一匹でしたから寂しい思いをさせたこともあったでしょう。

傍から見れば、頼りない飼い主であったかもしれません。

そうしてふくを迎え、むぎを迎え、今保護猫を含めて8匹の猫と暮らしていますが、未だに迷ったり悩んだりすることも多々あります。

最終的には、ほとんどの問題は慣れが解決してくれるのですが(笑



あの時、てんちゃんを手放さずに頑張ってくれた里親さんに感謝します。

何年後かには、この大変だった日々を懐かしく振り返る時がくるでしょう。

そして・・・

これだけ悪行を重ねても(?)、里親さんの心を捕らえ、可愛いと言わしめるてんちゃんは、やっぱり「魔性の男」だったんですね。


めでたし、めでたし顔(笑)


「どれがホントのボクかって? それはひ・み・つ!」
123.jpg




里親さん、手のかかる仔ですが、これからも末永くよろしくお願いします。

何かあったら、私が叱りに行くからね(笑


皆様も、応援ありがとうございました!




にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ




今年もまもなくですね、クリスマス。

去年のクリスマスは、旦那がいないのをいいことに橋猫のTNRに精を出しておりました。

ブリちゃんともう一匹のオス猫を車に乗せて走りながら、保護するかどうしようかと悶々としていた時でした。

ラジオからこの曲が流れてきて、思わず笑ったのを覚えています。

帰ってから、うろ覚えの歌詞を頼りに調べてみたら、動画を見つけました。

他人のプライベートが筒抜けな時代、リア充とかいう人の生活を目の当たりにして、図らずも落ち込んでしまったりすることがあります。

そんな自分を笑い飛ばしてくれるようなパワーを与えてくれる曲です。

世の中みんなが充実してるなんて、幻想だったのね(笑


皆様、ご存知でしょうか?


「クリスマス? なにそれ美味しいの?」 by ヒャダイン






アニメ版 歌詞がわからない方はこっち。


ニックネーム まるふく at 21:38| Comment(3) | ぶんた・玉三郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

キャットツリー

えー、ブログ更新が滞っております(汗

桜が満開ですね。

景色は春なのに、ここ数日寒い寒い。

お猫様のために、エアコン再稼動です。



まるこの事で、皆さまにご心配をお掛けしてしまい申し訳ありません。

落ち着いたかなと思うと、元気がなくなったりと、まだ体調が安定しているとは言えませんが、ぐったりしているという様子ではありません。

029.jpg


皆さんからの励ましのメールやコメントを読むと、とても心強く頑張ろうという気持ちが湧いてきます。お返事遅れていて申し訳ありません。 

一人では心が折れて、ただただ泣くばかりだったかもしれません。

本当にありがとうございます!

長くなりますので、いつものように様子は続きで。



月曜日、サンボさん満月さんとランチをしました。

いつも「クソ」(失礼!)忙しい、大型犬の神サンボさんが、ただのランチだけの為に下界に降臨される訳などなく、私に手土産を持ってきてくださいました。


じゃん!推定2〜3歳。パステル三毛の女子でございます。

IMG_7788.jpg


この仔は、サンボさん宅にやってきた7匹の崩壊現場の猫ちゃんです。

初日はウーウー言ってましたが、勇気を出して触ってみると、なんとまさかの腹出し!!


チョイチョイるんるん

かわいい「ん?」

3さら__.jpg


お腹をこちょこちょしても、爪を出しません。


かわいい「どうぞ、お撫でなさい。 ゴロリンチョ。」

2__さら.jpg

(※避妊手術後のため、お腹の毛がありません。)


サンボさんが、傷だらけになりながらお世話してくれたお陰ですね(涙

これは余談ですが、サンボさんの豊富な経験によって培われた犬猫の知識は、本当にすごいです。

こんな保護主さんから譲渡されたら、里親さんも安心だろうな〜って思います。

大型犬(特にシェパードね)に対する愛情といったら、赤道直下くらいの熱さですよ。

いつも勉強させていただいてます。


話を戻して〜

仮名は「サラちゃん」です。

漢字で書くと、皿。(嘘

某ドラマで世の女性の羨望の的となり、一世を風靡したあの御方ですよ!

セクシーでキュート、そしてちょっと危険な香り・・。


ご覧下さい、この毛皮。

セレブなファッションリーダー「サラ・ジェシカパーカー」も仰天の大胆な配色!


かわいい「うふん黒ハート

さら1__.jpg


クールなダンスステップに、視線が釘付け!!


かわいい「ズンチャカ ズンチャるんるん

6さら.jpg


そして、話題のNY最先端メイク・・・あら・・?顔(汗)


かわいい「その鼻水、セクシーだね!ってよく言われるわるんるん」   そう・・か・・な・・?たらーっ(汗)

5さら.jpg


危険な火遊びの香りに、思わず逃げ腰になっていると・・・。


かわいい「ビュッダッシュ(走り出すさま)

今夜は、帰さないわよ!」

さら4__.jpg



もう本気の恋が始まってる・・・。

「サラ・ニャシカパーカー」あなたを恋に落とします!



募集準備中ですが、そんなの待てない!!って方はご連絡を。

pukumaru2☆yahoo.co.jp (☆を@に変えてね。)



と、まあ、ふざけてますが、冗談抜きであっちもこっちも猫・猫・猫・・・で溢れてます。

多頭飼育崩壊といっても、一度に10匹20匹拾う人などいるわけなく、最初はわずか数匹だったはずです。

野良猫もしかり。

その時にきちんと避妊去勢をしておけば、こんなことにならないのです。

お金がかかるから、手間がかかるから、そんな言い訳の犠牲になるのは、いつも小さな命です。

これから仔猫の季節。

仔猫だって、半年もすれば妊娠します。

たった数匹だったのに・・・となる前に、避妊去勢手術を。




ハイ、皆様〜、前方に見えてまいりましたのが、チバキャットツリーでございます。

こちらは、土台が3匹の猫によって形成されており、天井に向って高く伸びたアンテナの先端には、ピンクの肉球がついています。

高さは約40センチほど、周辺を猫団子に囲まれたこの部屋では、最も高いキャットハンドと呼ばれ、シンボル的存在となっております。


045.jpg


このアンテナによって、約数万世帯に電波が送信される・・・ことはなく、主にカリカリの香りと、おもちゃの音をキャッチする役割を果たしているそうです。

一説によりますと、このタワーの展望台部分にあたる先端の肉球に触れると幸せが訪れると言われており、多くの猫好き人間はこぞって握っているということです。


046.jpg


ハイ、では皆さんこれからバスを降りていただき、写真撮影でございます。

けっして起こさないよう、お静かにカメラをご用意いただき、フラッシュはご遠慮くださいませ〜。


047.jpg


あぁっ、お客様! 無理に触ってはいけませんよ!!

・・・・

ハア〜、残念ですが、今日はタワーが目を覚ましてしまいました。

追いかけず、そっと見守ってくださいませ。


001.jpg


本日は、まるふく交通「チバキャットツリーツアー」にご参加いただき、誠にありがとうございました〜。

お帰りの際は、お洋服に付いた猫毛にご注意ください〜♪



ご協力ありがとう♪

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村



ライトアップはないにゃりよ! 小鳥 続きを読む
ニックネーム まるふく at 00:00| Comment(0) | ぶんた・玉三郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする